自己分析のテクニック 未来にタイムスリップして自己分析

自己分析編の前では、過去にタイムスリップすることで現在の自分を知る、
というアプローチをとりましたが、ちゃんとやってみてくれましたか?
おそらく、ほとんどの人が実行してくれず、読み流しただけだと思います。

そこで、今回は、未来にタイムスリップすることで自己分析することをやってみて欲しいと思います。

これは結構効くと思いますよ。
少なくとも私は次に出てくる問いを投げかけられたときには、
実際、いろいろと深く考えてしまいました。

それは、自分が死んでしまったときに、お葬式に来てもらった人に対して、
どのように自分のことを紹介されたいか、また、どのようにお葬式に来た人から
自分について語って欲しいか、ということを考えてみてください。

満足のいく答えがでれば、それが土台となって、その上に自分の将来を考えることができると思います。

現状の自分が何をしたいのか、また、どのような人生を望んでいるのか、
がおぼろげながらわかると思います。

あまりに現実離れしているのであれば、そのためには、
どのようなプロセスがあるのか、その一つのプロセス毎に何が必要なのか、
を考えてみてください。

志望業界や志望業種がわからない、と悩んでいる人も、
これで少しは考えるヒントになるのではなるのではないでしょうか?

続く


***************************************************
今回の記事はいかがでしたか?
感想、ご意見、ご要望等などメール頂けると嬉しいです。
   メールはこちらまでどうぞ
 負け犬ニート  amourkochamcieあっとまーくyahoo.co.jp
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35230363

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。