自己分析は就職活動に必要なの?

就職活動の自己分析はなんのためにするの?





自己分析なんてはじめ私は必要ないと
思っていました。





自己分析なんてしなくても、自分のことは
わざわざ考えなくてもわかっているよ。





自己分析なんて改めてする必要はないってね。





でも、就職活動を進めていくと、なんだか
よく分からなくなってしまいました。














エントリーシートを書いていく中で、
まず、ぶち当たったのは志望動機を
書くときでした。





「私ってなにがしたいの?」







就職活動の第一志望は、勢いで決めました。





私は洋服とかファッションが好きだったので、
洋服関係の仕事に就くのが楽しいだろうって。





はて、それだけで志望動機になるの?











エントリーシートの志望動機を書くときに
悩んでしまいました。





就職先として自分がこだわっているものは
「ファッション」だけどそれだけじゃあ、
志望動機はかけないんですよね。





まず枠が埋まらないし(今となっては
枠を埋めるかどうかなんて関係ないのが
わかったですが・・・)、洋服とか
ファッションが好きですって誰でも
書きそうだな⇒志望動機として
むちゃくちゃ弱いかも、
ということだけは理解できました。





就職するにあたって、じゃあ、
アパレル業界で私は何をしたいんだろう、
何が出来て、何が楽しいって思えるんだろう??





就職活動をしていくなかで、志望業界を
広げるときにもやはりよくわからなくなっちゃった。





就職活動の第一志望のアパレル業界は、
洋服が好き!っていう理由があったんだけど、
アパレル業界以外を受けようって思ったときに、
じゃあ他に私が興味を持てるものってなんだろう?
私が出来ることってなんだろう?って。





エントリーシートを書くには、自己PRも
自己分析をしないと枠が埋まらない!!






自己分析を始めてみると、

「自分てどんな人間だっけ??」





私は楽観的で、思いつきはいい人間。





色んな面白いアイデアも思いつく。





人当たりもよくて友達もたくさんいる。





そのかわり飽きっぽくて、
すぐに色んなことに目移りしちゃう。








はて、しまった!それだけじゃあ
エントリーシートの枠は埋まらない!!





楽観的って長所?短所?長所にしても
短所にしても、楽観的であると仕事を
する上でどうなの?人当たりがよくて
友達がたくさんいることって多分長所
なんだけど、それはどういう仕事に向いてるの?











自己分析はまず過去を振り返って自分を見つめなおす。





自分のことを深く考えるて自分の向き不向きを
考えることができる。





そうすることによって志望業種や志望業界が
現実的に見えてきたし、自己PRを書く上でも
具体的な裏づけ経験を元に書けるようになりました。





会社に入ってから、自己分析足りなかったと
思ったんですが、それはまた次に。










つづく


***************************************************
就活・転職マル秘情報
    http://shukatsunavi.seesaa.net/
今回の記事はいかがでしたか?
感想、ご意見、ご要望等などメール頂けると嬉しいです。
   メールはこちらまでどうぞ
 負け犬ニート  amourkochamcieアットマークyahoo.com

自己分析のテクニック 未来にタイムスリップして自己分析

自己分析編の前では、過去にタイムスリップすることで現在の自分を知る、
というアプローチをとりましたが、ちゃんとやってみてくれましたか?
おそらく、ほとんどの人が実行してくれず、読み流しただけだと思います。

そこで、今回は、未来にタイムスリップすることで自己分析することをやってみて欲しいと思います。

これは結構効くと思いますよ。
少なくとも私は次に出てくる問いを投げかけられたときには、
実際、いろいろと深く考えてしまいました。

それは、自分が死んでしまったときに、お葬式に来てもらった人に対して、
どのように自分のことを紹介されたいか、また、どのようにお葬式に来た人から
自分について語って欲しいか、ということを考えてみてください。

満足のいく答えがでれば、それが土台となって、その上に自分の将来を考えることができると思います。

現状の自分が何をしたいのか、また、どのような人生を望んでいるのか、
がおぼろげながらわかると思います。

あまりに現実離れしているのであれば、そのためには、
どのようなプロセスがあるのか、その一つのプロセス毎に何が必要なのか、
を考えてみてください。

志望業界や志望業種がわからない、と悩んでいる人も、
これで少しは考えるヒントになるのではなるのではないでしょうか?

続く


***************************************************
今回の記事はいかがでしたか?
感想、ご意見、ご要望等などメール頂けると嬉しいです。
   メールはこちらまでどうぞ
 負け犬ニート  amourkochamcieあっとまーくyahoo.co.jp

就職活動の自己分析ってどうやるの?自己分析のテクニック

早速、何よりも最初に始めて欲しいことをご紹介しますね。


それは、自己分析です。


自己分析って何?という印象を持つ人が多いと思います。


エントリーシートを書くときにも、面接の時にも、自己分析を
しっかりしているとすらすら(ってほどでもないのですが)進める
ことができるのですが、、、

自己分析ができていないと、志望動機を答えづらいどころか、
内定をもらって働き出してから、自分がしたいことはこんなこと
じゃなかった!!(私の場合はそうでした(涙))


っていう羽目に陥ることになることもあります。

でも、自己分析ってどうやってやるの?


それは、


私が転職するときに戦略コンサルタントに教えてもらった
テクニック!!

名づけて

自分で過去にタイムスリップ!!


自分の過去を振り返って、何が好きで、何が嫌い、何を頑張ったか
みたいなことをいろいろと挙げていくと、共通点が見えてきて、
自分が一体どんな人間なのか、ということが見えてきますよ。

私は大学生の就職活動の時にはあまり自己分析をしなかったので
失敗した、というか、自分をあまり理解していないまま就職活動
してしまい、失敗してしまいました・・・。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。